Author Unknown

アクセスカウンタ

zoom RSS 予想通り

<<   作成日時 : 2012/07/31 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何となく予想していた通り、前回の記事は後で読み返すのをためらわざるを得ないぐらいの恥ずかしさ満載で、なかった事にしたい代物ですね。
で、それなりのペースで更新できそうなニュアンスで書いていた点に関しては、予想に反しまくり。
まあ、それも予想通り・・・なのかもですが。

更新しなかったからと言って、書く事がなかった訳ではなく、書きたい事は色々とあって、それを記事として結実させられなかっただけで。
途中まで書きながら、最後まで書き上げられなくて、続きをと思い、読み返してみると、改めて書いた方が良さそうな感じになっていたりしたのです。
そこで書いていた内容を要約してみると、ここ最近、久々に作品をリリースしたバンドやアーティストが多いのでは・・・という事。
で、そんなバンドの中には、来日が控えているものもあるんですよね。
The Beach BoysとThe Frank And Waltersがそうで、それぞれに意味は異なるにしても、来日を予想などしていなかったという点からすると、奇跡の来日と言えると思うのです。
しかし、チケットも未入手なら、新作も同様という体たらくな状況で、今週末ぐらいには、何とかしたいと思っております。
楽しみなライヴが控えているというのは、ふとした時に道標的な感じで意識でき、日々のあれやこれやを乗り切るための助力となってくれるような気がするのです。

前回の記事でも少し書いたはずですが、ここ最近、中古盤を扱うショップに出かける機会が多いんですよね。
某ショップにて、自分と好みが酷似していそうな人が放出したと思われるCDに出くわし、既に持っている盤も多かったんだけど、未入手だった貴重盤を中心にあたふたと買い集めたのが、レコ屋巡り熱再燃のきっかけですか。
パワー・ポップを良く聴いていた頃で、素通りしてしまっていた盤を入手しておきたいとの思いが募っている中での出来事でもあったので、何だかスイッチが入ってしまった感じなのです。
しかし、実際にショップを巡ってみても、所望の盤が簡単に見つかる訳でもなくて、必須と思われる盤については、USのAmazonのMarket Placeを利用して、手元に引き寄せ始めるようにしました。
まだ数枚ですが。
まあ、でも、実際に中古盤屋を巡っていると、発見は少なくなくて、結果的にはそれなりの枚数を買ってしまうんですよね。
聴く時間と相談する事になるのは分かりきっているし、収納スペースも大きな問題なので、その辺りをフィルターにして、買い過ぎないようにしているような次第。
そんなフィルターを潜り抜けてきた盤なので、実際に聴いてみて、おお、これは・・・と思える確率が高いような気がするのは、気のせいでしょうか?
何だかくどい文章ですが。
そんな中古盤の中で、特に気に入った盤を挙げておきましょうか。
Marshall Crenshawの1999年リリースの"#447"です。
彼に関しては、ベスト盤も含めて、3枚ほどアルバムを持っていたんだけど、そんなに熱心には聴いていなくて、弟のRobert Crenshawの作品の方が良いのではと思っていたぐらい。
そんな中、Freedy Johnstonがカヴァー曲を集めたアルバムで彼の代表曲と言えそうな"You're My Favorite Waste Of Time"を取り上げ、ああ、こんなに良い曲だったのかと知る機会を与えてくれたんですよね。
まあ、それから数年が経過しているのだけども・・・
とにかく、Marshall Crenshawのアルバムとしては、見かける機会はあまり多くない部類に入るように思うし、そんなに語られたりもしていなさそう?
実際のとこは分かりませんが。
ややルーツ寄りの音作りの中、隠しようもないポップ・センスが溢れ、カリブ風なのか、曲によっては異国情緒の漂うメロディが耳を惹きつけます。
まだ聴き込み段階なので、今後、感じ方も変わって来るようにも思いますが。

他にも色々と聴いているので、それなりのペースで更新できそうとの思いは依然としてあり、8月こそはあれやこれやと書きたいもんです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
予想通り Author Unknown/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる