再開

久しぶりに書く時って、何だか気恥ずかしかったりしますよね。
書きたい事をきちんと文章にできるかなと不安だったり。
まあ、それ以前に見てくれる人がいるのかとの思いがよぎるんですが。

という訳で、改めて書くまでもなく、又もや間隔が開いてしまいました。
『来年もよろしくお願いします』などと書いておきながら、これではダメですよね・・・
しかし、2013年はまだ8か月半ぐらい残っていますし、取り返す余地はありますよ、きっと。
で、色々と考えていたんですが、以前にやっていた『日々の音盤』を復活させようと思っています(タイトルは変更したいとこですが、さて・・・)。
ただし、以前に頓挫したものでもあり、そうなったのにはそれなりの理由があったとの記憶は今でも鮮明に残っているので、もう少し緩い形で展開するようにしたいのです。
今の所、どういう形がベストかなとの結論には至っていないけど、以前は5日間を区切りにしていたのを、今回は10日間に延長しようかと。
で、以前は聴きまくり状態だった事もあり、5日間で12枚という要件を満たしていたんだけど、ここ最近は1枚当たりの聴く回数が増えたり、その他の要素もあったりで、そんな数値にはなりそうもない感じ。
音楽を聴いている時間がそんなに減っている訳ではないはずなんですけどね。
そういう訳で、どうしたいのか自分でも分からないままですが、この4月からスタートし、3か月ぐらいを目途にして、大勢を固めたいなと思います。
以前だと、列記した盤の中から主に初聴きの盤についてコメントするようにしていましたが、それが重荷だと感じて、この形態をやめてしまった事もあり、どの盤についても全くコメントしない事も普通にあるはずです。

さて、これで再開の準備を整え終えた感じですか。
不在の間、そんなに音楽情報を仕入れていなかったんだけど、この間の来日に気付いていないものも少なくなさそう。
少し前にTim Eastonが来日していたようで、あと少し早く気付いていればなぁ・・・という感じ。
まあ、でも、来日を順調に重ねてくれているし、またの機会があるものと思って、次を待ちたいです。
Wilcoも来日していたんですよね。
こちらは来日の数日前に気付いたんだけど、その日から数日後で準備不足かなと思い、断念。
ただ、さっき調べてみたら、くるりがオープニングを務めたとかで、こういう機会でもないと見られないだろうし、う~ん、何とも言えない感じ。
で、今年はこれまでの所、ライヴ参戦はBen Folds Fiveのみ。
楽しいライヴでしたが、どういう訳だか思った以上にアルコールの影響下にあったようで、途中から記憶があやふやで・・・
まあ、その日のうちに帰宅できましたし、そこは評価できるとの声もあるはず。

再開後の『日々の音盤』については、日を改めて書きますので、これにて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック