今日の音盤 2007/12/31

画像今日の音盤。

John Wesley Harding / The Confessions Of St. Ace (2000)

England出身で、現在はUSに在住のシンガー・ソングライターの8作目でしょうか。本名はWesley Stace。芸名のJohn Wesley HardingはBob Dylanの例のアルバムから付けたのかと思っていましたが、調べてみると、それだけではなさそうな(実際のとこは分かりません)。これまでリリースされた主要なアルバムは以下の通り。

① It Happened One Night (1988)
② Here Comes The Groom (1989)
③ The Name Above The Title (1991)
④ Why We Fight (1992)
⑤ John Wesley Harding's New Deal (1996)
⑥ Awake (1998)
⑦ Trad Arr Jones (1999)
⑧ The Confessions Of St. Ace (2000)
⑨ Adam's Apple (2004)

①はデビュー作ながら、異例のライヴ盤でもあり、②を実質的なデビュー作とする人もありそう。②~④はメジャー・レーベルのSireからのリリース作品。この後、しばらく作品が途切れますが、①もリリースしていたRhinoの傘下のForwardというレーベルに移って、⑤で復帰。その後も長く共演関係が続くChris von Sneidernを共同プロデューサーに迎えた⑤は会心と言える出来で、それまでのElvis Costelloと比較されがちだった音楽性から離れ、独自のスタイルを感じさせるものになっており、彼にとって分岐点となった作品なんじゃないでしょうか。

その後も良質のアルバムを届けてくれていますが、その中で異色の存在なのが⑦。UKのフォーク・シンガーのNic Jonesによるアレンジを基にしたトラッド曲を集めたアルバム。他の作品ではUK的な要素は部分的に感じる程度かなと以前は思っていたけれど、こういう作品を聴くと、その辺りの感想も怪しくなります。色々と聴けば聴くほど、分からない事が増えてくるもんです。これがKurt Bloch(FastbacksやYFF)によるプロデュースなのも驚き。

以上の主要アルバムの他に、EP、Dynablobシリーズ、コンピ盤、The Love Hall Tryst名義でのアルバムなどもあり、私も聴いていないのがあります。そう言えば、The Love Hall Trystの作品を基にしたライヴを収録したDVDも出ていますね。そんな数多くの作品の中で一番好きなのが今日の音盤の⑧、"The Confessions Of St. Ace"です。St. Aceに関するアルバムのようで、ブックレットに文章が載っていますが、以前に軽く読んだ限りでは、あまり良く分からず。すんません・・・

1曲目"Humble Bee"は鍵盤による軽快なイントロで始まるポップ・チューン。彼のポップ・センスが明快な形で表現された曲でしょうね。以前にも紹介しましたが、この曲はYouTubeに画像があります。名曲ですね。ライヴでも披露してくれました。2曲目"She's A Piece Of Work"は程良いテンポで、程良くポップで、程良く歌を聴かせてくれます。褒め言葉には困るけど、欠点も見つからない・・・っていう感じか。

3曲目"People Love To Watch You Die"。穏やかではないタイトル。⑤には、"Other People's Failure"という曲もありました。人の心に存在しうるダークな部分を冷静に見つめた曲という感じでしょうか。4曲目"I'm Wrong About Everything"はR&Bあるいはゴスペルを意識した音作りでしょうか。親しみやすいメロディでもあり、かなり良い感じ。彼のヴォーカルが映えます。

5曲目"Same Piece Of Air"が最も好きな曲かな。なだらかな起伏を描くメロディがとても心地良い。歌わずにはいられない。名曲です。6曲目"Old Girlfriend"は静かに曲が展開、サビに向かって動きを増し、サビ部分は気持ち良く盛り上がる。バンド・セットのライヴで聴いてみたいとこ。

7曲目"Bad Dream Baby"には、Jimmie Dale Gilmoreがヴォーカルで参加しています。本作中では最もヘヴィな曲で、ややラウドな音の中、Gilmore氏の独特の声がサビ部分で響きます。良い。8曲目"Goth Girl"もちょっとヘヴィな曲ですね。まずまず。

9曲目"You In Spite Of Yourself"はパワー・ポップと言って良さそうかな。気分をアップにさせてくれるだけのパワーを秘めているし、こんな曲をもう少しやってくれても良いのになと思ったりも。約2分半で潔く終わり、飢餓感を煽ります(まあ、もっと聴きたいと思わせる訳です)。10曲目"Our Lady Of The Highways"には、Steve Earleがヴォーカルとマンドリンで参加。相変わらずの存在感を感じさせる歌声を披露しています。2人の個性が溶け合うような仕上がりで、かなり良い。ライヴでも歌ってくれました。

11曲目"After The Fact"は少し地味な感じもするけど、じわりと沁みるメロディが堪らなく良い。12曲目"Too Much Into Nothing"は以前から知っていたかのように思えるぐらいに心にすんなりとなじむメロディで、温かさを感じさせるヴォーカルと相まって、格別の響きで最後を飾ります。素晴らしい。

思い起こせば、今年最初に聴いたアルバムがこれでした。そうしたら・・・っていう訳じゃないけど、久々の来日が実現して、ライヴを見る事もできました(2008年の初聴きにも力が入ります)。少しだけど言葉も交わせたし、サインもしてもらいました。例によって、私の名前をミススペルしてくれたりも(JWHよ、お前もか・・・)。数多くのシンガー・ソングライターが存在する中、彼のヴォーカルは特に好きな声でもあり、曲の良さだけでなく、声の素晴らしさにも改めて惹かれたライヴでした。当たり前かも知れないけど、ギターもうまかったし。やはり、弾き語りというスタイルにはマジックがあるなぁ・・・と実感。

来日の頃には、小説『ミスフォーチュン』の日本語訳も発売され、多才さを見せてくれています。実はまだ読んでいないので、詳しい内容までは分からないんだけど。早く読んでみないと。大学では英文学専攻だったはずで、その辺りの素養は歌詞にも反映されているはずだけど、自分がきちんと理解できているのかは怪しいところ。歌詞も魅力の一部でしょうけど、それを抜きにしても楽しめるんじゃないかと思っています。

その辺りの知的なイメージがあるせいなのかどうかは分からないけど、難解な印象を与えているのか、どうも日本での認知度は高くないように感じます。実際には何度か聴けば一緒に口ずさめそうな曲が多いし、タイプは違いますが、上記のChris von Sneidernと仲が良いのも納得のポップ・センスの持ち主だと思う。フォークを基本に、冷静な視線で描かれる曲に彼の温かみのある声が乗っかり、独特の音空間を作ります。これからも素晴らしいアルバムを届けてくれるはず。

日々の音盤 2007/12 ⑤

2007/12/21 - 2007/12/25

Del Amitri / The Best Of Del Amitri: Hatful Of Rain
Jason Falkner / I'm OK... You're OK
Mojave 3 / Puzzles Like You
Pavement / Terror Twilight
The Pearlfishers / A Sunflower At Christmas
Patty Smyth / Never Enough
Teenage Fanclub / Four Thousand Seven Hundred And Sixty-Six Seconds
The Velvet Crush / Soft Sounds
OST / I Am Sam
OST / The Virgin Suicides
VA / Yellow Pills Volume 3
VA / Yellow Pills Volume 4

blogにまで手が回らず、2日遅れのアップです。"I Am Sam"のサントラはBGMで流しておくのに適しているなぁ~って、用事をしながら耳を傾けている時に改めて思いました。豪華な参加陣によるThe Beatlesのカヴァー集。それぞれに持ち味を発揮しながらも、意外と散漫な感じもなく、1枚のアルバムとしてのまとまりも感じさせる。このblogを見てくれている人の所有率はかなり高そうな。

今年も残り少なくなりました。ベスト・アルバム選びは全く進まず。今年はパスしましょうか、どうしましょうか・・・

日々の音盤 2007/12 ④

2007/12/16 - 2007/12/20

Ben & Jason / Goodbye
Casey Black / Vacations
The Frank And Walters / A Renewed Interest In Happiness
Genesis / ...And Then There Were Three...
Golden Smog / Blood On The Slacks
Dan Kibler / ForEverAgo
Paul & Linda McCartney / Ram
Sherwood / Sing, But Keep Going
Teenage Fanclub & Jad Fair / Words Of Wisdom & Hope
Travis / The Invisible Band
Ultimate Fakebook / Open Up And Say Awesome
Velvet Crush / In The Presence Of Greatness

ちょっと遅れましたが、Golden Smogの"Blood On The Slacks"の聴きました。フル・アルバムではなく、ミニ・アルバムという感じでしょうか。まだ軽く聴いた程度なので、感想は保留するとして、3曲目(だったっけ?)辺りのテンションはこれまでにない感じで、新鮮な印象を受けました。Gary Lourisの初のソロ・アルバムのリリースが近いようなので、それまではこれを聴き込みましょうか。

久々に聴いたGenesisの"...And Then There Were Three..."。タイトル通り、メンバーが4人から3人になってリリースされたアルバム。これ以降、ポップな方向へと進む訳ですが、そのスタート的な位置づけで紹介される事が多いかな。1978年のリリースなので、約30年前の作品になりますが、特にそんな事を意識させないような音作り。元々、優れたメロディ・センスを持ったバンドでしたが、全体の構成がシンプルになる事で、曲の親しみやすさも確かに増しているように思えます。

個人的には、彼らのアルバムで特に好きなのが、1976年の"Wind & Wuthering"と本作で、1972年の"Foxtrot"や1973年の"Selling England By The Pound"とかも好きで、どれもが美しいメロディの詰まったアルバムになっています。プログレッシヴ・ロックとして語られる彼らですが、フォーク経由の素朴な面も感じられ、そんなに敷居は高くないはず。Travisなどに代表される近年のUKのバンドが好きな人に聴いてみて欲しいなと思います。特に、"Wind & Wuthering"辺りを是非。

日々の音盤 2007/12 ③

2007/12/11 - 2007/12/15

Roddy Frame / The North Star
Future Clouds & Radar / S.T.
Mason Jennings / Century Spring
The Leatherwoods / Topeka Oratorio
Linus Of Hollywood / Let Yourself Be Happy
Gurf Morlix / Diamonds To Dust
Tom Petty And The Heartbreakers / Echo
Tortoise / Millions Now Living Will Never Die
Travis / The Boy With No Name
Velvet Crush / Rock Concert
VA / Yellow Pills Volume 1
VA / Yellow Pills Volume 2

前にも書いたような気がするけれど、The LeatherwoodsはTodd NewmanとTim O'Reagan(後にThe Jayhawksに加入)によるデュオ・バンド。他にも参加メンバーが何名かクレジットされているけれど。1992年にリリースの"Topeka Oratorio"は唯一のアルバム。フォーク・ロック寄りのギター・ポップという感じで、良い曲も多くて、なかなかの好盤。The Mayflies USAやErik Voeksが好きなら、これも・・・っていうとこでしょうか。Velvet Crushの2ndとか。

日々の音盤 2007/12 ②

2007/12/06 - 2007/12/10

Steve Earle / Transcendental Blues
Minibar / Road Movies
Nitty Gritty Dirt Band / Uncle Charlie And His Dog Teddy
Roy Orbison / Mystery Girl
Judee Sill / S.T.
Chris von Sneidern / Wood And Wire
Soul Asylum / The Silver Lining
St. Thomas / I'm Coming Home
Teenage Fanclub / Deep Fried Fanclub
Teenage Fanclub / Grand Prix
Velvet Crush / Stereo Blues
Yellow Second / Still Small

12月8日はJohn Lennonの命日で、その日には彼の曲がラジオで流される事も少なくないけれど、個人的には、この時期になると、1988年の12月6日に亡くなったRoy Orbisonの事に思いが及びます。多くの大物アーティストを客演に迎えたライヴ盤で音楽シーンの第一線に復帰。そして、Traveling Wilburysの一員として、あの傑作をリリースした直後に他界してしまったので、とても残念に思えたのを今でもはっきり覚えています。

"Mystery Girl"は翌年にリリースされた遺作で、Traveling Wilburysの面々を始めとして、豪華なゲスト&作曲陣を迎えての作品になっています。収録曲はもちろん素晴らしい曲が揃っているのだけど、彼の声の素晴らしさが最大の魅力でしょうね。正にワン&オンリーの声です。死を予感しているかのように思えるような歌詞の曲もあり、涙を誘います。当時のGeorge HarrisonやTom Pettyの作品と同様に、Traveling Wilburysの姉妹作品的な趣が少なからずあり、今年の再発盤で彼らの素晴らしさを認識した人には是非とも手に取って聴いて欲しいアルバムです。

日々の音盤 2007/12 ①

2007/12/01 - 2007/12/05

Copeland / Beneath Medicine Tree
Guster / Keep It Together
John Wesley Harding / Adam's Apple
The High Llamas / Hawaii
Billy Joel / Turnstiles
Joe Mannix / White Flag
Scud Mountain Boys / Massachusetts
Simon & Garfunkel / Sounds Of Silence
Teenage Fanclub / Bandwagonesque
Travis / Good Feeling
The Velvet Crush / Heavy Changes
VA / This Bird Has Flown

"This Bird Has Flown"はThe Beatlesの"Rubber Soul"のリリース40周年を祝して、2005年にリリースされたトリビュート盤で、色々なアーティストやバンドによるカヴァーがオリジナルの収録曲順のまま収録されています。参加アーティストは以下の通りで、なかなかの顔ぶれ。

01. The Donnas - Drive My Car
02. The Fiery Furnaces - Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
03. Dar Williams - You Won't See Me
04. Low - Nowhere Man
05. Yonder Mountain String Band - Think For Yourself
06. Mindy Smith - The Word
07. Ben Harper & The Innocent Criminals - Michelle
08. Sufjan Stevens - What Goes On
09. Rhett Miller - Girl
10. Ted Leo - I'm Looking Through You
11. Ben Lee - In My Life
12. Ben Kweller featuring Albert Hammond Jr - Wait
13. Nellie McKay - If I Needed Someone
14. Cowboy Junkies - Run For Your Life

原曲に忠実なものやオーソドックスなものから大胆な作りのものまで、なかなかにヴァラエティに富んだ内容になっている印象ですね。悪く言えば、ちょっと散漫で捉え所がないかな。こういうアルバムの場合、何を求めるのかは人それぞれだろうし、聴く人によって感想は大きく異なりそう。

全体的にややクールな仕上がりの曲が多い中、情感を込めた歌が印象的なRhett Millerの"Girl"が個人的にはベスト・チューン。まあ、彼の声が好きなのもありますが。2人のBenも良い感じ。他では、The Donnas、Dar Williams辺りが特に印象に残ったかな。いずれも女性ヴォーカルですね。Mindy Smith、Nellie McKay、Cowboy Junkiesも参加していたりと、女性陣の活躍もポイントに挙げられそう。

日々の音盤 2007/11 ⑥

2007/11/26 - 2007/11/30

Hotel Lights / S.T.
Paul McCartney / Memory Almost Full
Mark Olson / The Salvation Blues
Carey Ott / Lucid Dream
Ron Sexsmith / Cobblestone Runway
Ron Sexsmith / Retriever
Sexsmith & Kerr / Destination Unknown
The Sheers / Goodbye World
Splitsville / The Complete Pet Soul
Splitsville / Incorporated
Weezer / Pinkerton
The Yayhoos / Put The Hammer Down

改めてコメントをしようかなというラインナップではなさそうな。あっという間に12月で、残り1ヶ月。去年の今頃はベスト・アルバムの事とかを考え始めていたはずだけど、今年はどうしましょうかね。今年リリースの新譜って、20枚も買っていないし、聴いた回数も去年よりは明らかに少ない。やるとしても、規模を縮小してっていう事になりそう。

blogの文章が両端揃えになるようにCSSを書き換えてみました。どのブラウザでもきちんと表示されていれば良いのですが。