アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Shopping」のブログ記事

みんなの「Shopping」ブログ


久しぶりにレコ屋巡り

2011/02/28 23:20
少し書くのが遅くなりましたが、先日、久しぶりに中古CDショップ巡りをして来ましたよ。
何かのついでに寄ったりっていうのはあったけど、これを目的に出かけたのは久しぶりのはずだなぁ・・・
いつ以来なのか、先代のPCが無事なら、その辺りのデータを掘り起こす事もできたかも知れないけど、まあ、あるかないかの復活に向けて沈黙を続けていらっしゃるので、どうにも手出しできないのです。
気を取り直して、成果を紐解いてみましょう。
以前の記事では、収穫の一部のみの披露でしたが、そんなに見ている人の多くないブログで隠し立てしても大した意味もなかろうという事で、さすがに晒すのは恥ずかしいわなという盤(もしも、あれば)以外、載せました。
中には、私の判断が鈍り、恥ずかしい盤を晒してしまって、おいおい、それは良いのかと失笑をさそうかも知れませんが、多少の愛嬌は必要じゃないですか。

2011/02/19
Shop A
(01) 0,950 Even / Less Is More
(02) 0,200 Adventures In Stereo / Alternative Stereo Sounds
(03) 0,200 Autoliner / Life On Mars
(04) 0,200 Yellowcard / Ocean Avenue
Shop B
(05) 0,750 Jay Bennett / The Beloved Enemy
(06) 0,750 Chuck Prophet / Balinese Dancer
(07) 0,200 Dishwalla / And You Think You Know What Life's About
Shop C
(08) 0,500 Crowded House / Aftergrow*
(09) 0,500 Jody Porter / Close To The Sun*
(10) 0,800 The Sugarplastic / Resin*
Shop D
(11) 0,500 Locksley / Don't Make Me Wait
(12) 0,500 Ron Sexsmith / Retriever
(13) 0,250 Silver Sun / 'B' Is For Silver Sun

この日の探索範囲は大阪市の日本橋から心斎橋まで。
各店舗でのチェックにそれなりの時間を要してしまうので、そんなに多くの店を回る事はできないのは、昔と同じですねぇ。
店を出た後に時計を見て驚いてしまうのは、毎度の事であります(何がどう作用して、あんなにも時が早く経つんでしょうねぇ・・・?)。
店名については、伏せさせてもらいました(付近の事情に通じている方なら、価格からどこのショップかを探り当てられるのかも知れないけど)。
ちなみに、タイトル横に『*』マークがあるのは新品で、それ以外は中古。

Shop Aでは、まずワゴン・セールをチェック。
他にも気になる盤はあったものの、上記の200円の3枚に絞りました。
いずれも存在は知っているけど、音を聴いた事はないものばかり。
(03)のAutolinerについては、バンド名の変更とかもあったりして、何だかんだで買い逃していたので、入手できて良かった(安価でね)。
(02)と(04)はこの価格でなければ、見送っていたはず。
で、(01)が最も貴重盤でしょうか。
Evenというバンドについては、1998年作の"Come Again"を持っていて、まずまず良かったとの印象で、(01)はほとんど見かけない盤だった事もあり、ハードルを下げての購入(買う枚数を抑えるためにも、自分なりのハードルを設定しているのです)。

Shop Bでも、まずはワゴン・セールをチェック。
でも、こちらでは食指の動く盤は少ない。
なので、店内の通常盤次第では、見切りをつけようという気構え。
おお、こんなお遊びにも気構えが!
そう、遊びなのかもだけど、真剣に遊んでいたりして、中途半端にやっかいなのです。
で、結局は2枚がアンテナに引っかかり、ワゴンでの1枚を含めての購入です。
まあ、その2枚に関しては、以前に訪れた際には買わずにいた盤だったはずですが、入手の困難さ加減などを考慮して、手元に引き寄せておく事に。

Shop Cでは、新品がアウトレット的に安売りされていて、その中から(8)と(9)をチョイス。
中古盤のコーナーにあった新古盤の(10)は買い逃していたもので、運良く安価で入手できて、上記の2枚共々、良い買い物をできました。

Shop Dでの目玉はSilver Sunのコンピ盤(13)でしょうか。
完全に後追いでアルバムを揃えていっている程度で、そんなに思い入れはないのだけど、このアルバムは貴重盤のようでもあり、90年代のアルバムは全て入手できたはずなので、改めてきっちりと通して聴いてみたいと思っています。
(11)は以前もこの価格で売られていて、何枚かあった事もあり、値下がりするかなと見送っていたんだけど、旬な時期が過ぎ去ってしまいそうな気もしたし、ここ最近のポップな耳が買わせてしまった感じ。
きっと素直に楽しめる好盤のはず。
(12)はもちろんすでに持っているアルバムですが、誰かにあげたりする事もあるかなと思い、予備として確保しておきました。
名盤ですしね。

以上、簡単に書いたつもりだけど、少し長くなりましたか。
翌日に梅田に出かけた際にも何枚か入手しましたが、書くほどでもなさそうで、消滅したNot Lameレーベルから出ていたThe Dotted Lineのアルバムが拾い物だったという事にしときましょう。
以前のような発見をする事はもうほとんどなくなってしまったけど、レコ屋巡りというのは今でもドキドキ感があるもので、久しぶりにあの頃の感覚を思い起こさせてもらいました。
思わぬ盤が残りの棚にあるかも知れないと思いつつ、AからZへとじわじわと進んで行く、あの感覚ですよ。
買わずに見送った作品にも、気になる物があるし、また機会を見て出かけてみよう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日の収穫 2007/05/24

2007/05/24 23:20
画像昨日の収穫・・・CD。

@ Nick Lowe / Pinker And Prouder Than Previous (1988)
A Van Morrison / Inarticulate Speech Of The Heart (1983)
B Van Morrison / Poetic Champions Compose (1987) [pic]
C Travis / The Boy With No Name (2007)

価格(税込)・・・@1350円、AB各1250円、C1890円。
状態等・・・@ABは輸入盤中古、Cは輸入盤新品。

@ 7作目かな。Nick Loweの80年代までの作品は廃盤になっているので、やや入手困難ですね。そんな訳で、見かけた時になるべく購入しておくようにしています。6年ぶりぐらいになる新譜ももうすぐリリースされるようで、そちらも気になるところ。

A 日本では安定して人気がないと言えそうなVan Morrison。まあ、欧米での人気や評価に比べてですが。彼のアルバムは何枚か聴いてきましたが、聴き込むほどに素晴らしさが実感できるものばかりで、いつの日か全アルバムをコンプリートしたいと思っています。しかし、去年ぐらいに多くの作品が廃盤になってしまってねぇ・・・ eBayとかでも、人気盤は$30ぐらいになっていたりしたような。Amazonの中古価格もイヤ〜な感じになりつつあります。(以下、Bに続く)

B どうやら、ファンの人が大量に放出したようで、レコ屋の棚にずらっと並んでいました。まとめ買いしたい衝動を抑えて、2枚だけ。70年代の作品は持っている物が多いので、あまり見かけない80年代のを。どちらも1998年頃に出たリマスター盤の方です。Aは旧マスター盤は今でも普通に入手可能ですね。まあ、時間をかけて堪能させてもらうとしますか。

C ベスト盤を経ての作品で、オリジナル作品としては3年半ぶりぐらいとなる5作目。1999年の2作目"The Man Who"以来の傑作との声もあるようですが、こればっかりは自分で聴いてみないとね。全く試聴とかもしていないので、どんな音が出てくるのか楽しみで堪りません。ちなみに、傑作揃いで最高の年だった1999年のベスト・アルバムに私が選んだのは"The Man Who"でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日の収穫 2006/10/28

2006/10/29 23:20
画像昨日の収穫・・・CD。

@ Linus Of Hollywood / Triangle (2006) [pic]
A TV Eyes / S.T. (2006)
B Bill Lloyd / Standing On The Shoulders Of Giants (1999)
C Something Happens / Stuck Together With God's Glue (1990)

価格(税込)・・・@2520円、A2300円、B500円、C1050円。
状態等・・・@Aは国内盤新品、BCは輸入盤中古。

@ 5年半ぶりぐらいとなる待望の3作目。Willie Wisely関連で名前を見かけていたぐらいで、どうしているのかと心配してました。去年の終わりか今年の初め頃に新作のリリースが近そうとの動きを知り、楽しみにしてました。何度か聴いてみましたが、今回もすごそう。

A Jason Falkner、Roger Joseph Manning Jr.、Brian Reitzellの3人によるユニット。JasonとRogerは言うまでもなく、Jellyfishにおいてバンド・メイトでした。Brian Reitzellは知らない人でしたが、Sofia Coppolaの映画の音楽とかで有名な人らしい。我が家にあるSofia Coppola関連のものは"The Virgin Suicides"のサントラ&Airによるスコア盤だけですが、どちらにも確かにBrianの名がありますね。そんな3人によるエレクトロ・ポップ。

B 英国の某兄弟バンドのアルバムとほぼ同じタイトルですな。どこか決定力には欠けるけど、味のあるポップ・ソングを忘れた頃に届けてくれる・・っていう感じの人でしょうか。ソロ作品では、これだけ持ってなかったので。

C ピンクのパワポ本によると、IrelandのDublinを拠点にするポップ・バンドの2作目との事。AMGでは、The JayhawksやDel Amitriを比較に出しているようだし、期待できそう。The Smithereensの作品とかで名前を見かけるEd Stasiumがプロデューサー。オリジナル・アルバムは4枚リリースしたようで、2004年にはベスト盤も出てますね。

Mando Diaoのライヴ、今回も熱かったっすよ。これまでの3作から満遍ない選曲だった印象。新作の曲もライヴ映えする曲が多く、かなり盛り上がってました。やっぱり、ライヴは楽しいなぁ。んで、11月1日は待ってましたのRoger & Linusだ!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6


今日の収穫 2006/08/23

2006/08/24 23:20
昨日の収穫・・・CD。

01 Befour Three O'Clock / Happen Happened
02 Paddy Casey / Amen (So Be It)
03 Cowboy Junkies / Pale Sun, Crescent Moon
04 Dexter Freebish / A Life Of Saturdays
05 Eastmountainsouth / S.T.
06 Fool's Garden / For Sale
07 Fotomaker / Vis-A-Vis
08 The Gourds / Stadium Blitzer
09 Indigo Girls / Become You
10 Jack Ingram / Livin' Or Dyin'
11 Mason Jennings / Century Spring
12 Damien Jurado / On My Way To Absence
13 Jonny Kaplan & The Lazy Stars / Ride Free
14 Robert Earl Keen / Gravitational Forces
15 Robert Earl Keen / The Party Never Ends
16 Robert Earl Keen / What I Really Mean
17 Loose Diamonds / Fresco Fiasco
18 Lullaby For The Working Class / Song
19 Minibar / Fly Below The Radar
20 Leona Naess / Comatised
21 Mark Nevin / The Mighty Dove
22 Ooberman / Hey Petrunko
23 Rod Picott / Stray Dog
24 Julianna Raye / Restless Night
25 Richmond Fontaine / Miles From
26 Amy Rigby / Til The Wheels Fall Off
27 Rubyhorse / Goodbye To All That
28 Sister Hazel / Fortress
29 St. Thomas / I'm Coming Home
30 Superdrag / In The Valley Of Dying Stars

まあ、こんなんです(誰かにあげる用とかを他に数枚買ってるって事は内緒です)。ここ数年の間に気になっていたものがほとんどですね。例えば、Julianna Rayeで言えば、1stがJeff Lynneプロデュースとの事で入手し(普通の出来でしたが)、久々の2ndは手が回ってなかったんですが、手にしてみると、Ethan Johnsがプロデュースであったり。買い過ぎのように映ってしまうかも知れんけど、色々とアンテナを張ってると、これぐらいにはなってしまうんですってば。

ちなみに、MinibarはPete Yornのお気に入りバンドね。Mason JenningsはBen Kwellerがオススメしていて、実際に聴いた1stは良作だったし。最後に、Robert Earl Keenの新作がリリースされた際には、細心の注意を払わねばならないなと思う次第です(数ヶ月前にも中古で安く入手してるし)。日本ではあまり認知されてないって言うか、認知度がゼロに近そうだけど、この前の盤を聴く限りでは確かな才能を持った人ですよ。じゃないと、こんなに買いません。

とてもじゃないけど、全てに触れるのは無理なので、日々の音盤とかで反映させられる分はそうしたいなと思ってます。

1枚305円、恐ろしくも心地良い・・・か?
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


今日の収穫 2006/06/28

2006/06/28 23:20
画像今日の収穫・・・CD。

@ Ron Sexsmith / Time Being (2006) [pic]
A The Trash Can Sinatras / Snow (1999/2006)
B John Sebastian / Tarzana Kid (1974)
C Unicorn / Blue Pine Trees (1974)
D Nicky Hopkins / The Revolutionary Piano Of Nicky Hopkins (1966)

価格(税込)・・・@2520円、A1800円、B2625円、C2730円、D1775円。
状態等・・・@〜Cは国内盤新品、Dは輸入盤新品。

@ 買えずにもたついている間にボーナス・トラック4曲収録の国内盤が発売されたので、こちらを購入。まだ聴いてないけれど、これまで通りの素晴らしい作品になっている事でしょう。プロデューサーがMitchell Froomに戻っているのもポイントで、その辺も意識して聴く事になりそう。それにしても、快調なペースでリリースが続きますね。

A 1999年に日本だけでリリースされていたんでしたっけ? んで、気が付けば、市場から消えていました。Fuji Rockに向けての再発っていう感じなんでしょうか。DVD付属での再発なので、それを見て気分だけでも楽しもうかと。

B The Lovin' Spoonfulは有名な曲ぐらいしか知らないし、ソロの曲も全米1位になった"Welcome Back"を知っているだけ。でも、最近は少し気になっていたし、レコード・コレクターズ誌2006年6月号を読んでみて、やはり聴いておきたくなっちゃった。とりあえず、ここからスタート。

C UKのバンドながら、USのフォーク・ロックを志向したような音らしく(それでも隠し切れないUK風味が?)、隠れた名盤的な評価をされているらしいです。これが2作目で、Pink FloydのDavid Gilmourによるプロデュース。ちょっと値が張るのが難ですが、お気に入りの度合い次第では他のアルバムも入手せねば。

D 昨年ぐらいに入手していた2作目"The Tin Man Was A Dreamer"は結構有名な作品で、私も聴いてみたところ、これがなんとも素晴らしい。60年代から70年代ぐらいにかけて、数々のロック作品にセッション・ピアニストとして参加している事でも有名なようですね(あのThe Rolling Stonesの"She's A Rainbow"のピアノも彼のプレイだそうな!)。そんな普段の貢献への恩返しなのか、2作目では有名どころのアーティストが何人も参加していました。んで、今回の購入は2作目から遡る事7年、1966年リリースのデビュー作ですね。あまり評価は高くないようだけど、どんなもんなんでしょうかね?

TowerのWポイント期間という事で、国内盤中心の買い物(ネット上では輸入盤が20%オフだし?)。国内盤って、やっぱり高いねぇ。そんな訳で、正座でもしながら聴くとしますか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日の収穫 2006/06/07

2006/06/07 23:40
画像今日の収穫・・・CD。

@ Edie Brickell & New Bohemians / Ghost Of A Dog (1990)
A Buddy Miller / Poison Love (1997)
B that dog. / S.T. (1994)
C The Zombies / Odessay And Oracle (1968/2001) [pic]
D Holiday With Maggie / Welcome To Hope (2006)

価格(税込)・・・@200円、A300円、B1000円、C1290円、D2310円。
状態等・・・@ABは輸入盤中古、Cは輸入盤新品、Dは国内盤新品。

@ 大ヒットとなったデビュー作に続く、これは2作目。当時はシングル曲しか知らなかったんだけど、去年だったか安い値段で売っていたデビュー作を入手して聴いてみると、これが驚くぐらいに新鮮な歌だったんですよね。天性の何かを持っている人だなぁ〜って。2003年に久々のアルバムをリリースした時に名前を見かけて、懐かしいなと思ったと同時に、Paul Simonと結婚していた事も知って、どひゃ〜って感じ。間もなくリリースされる新作はこの2作目以来のバンドを率いての作品。これを聴かずには聴けないので、まずはこれ。

A 2作目。妻のJulieとの共演作以外では、残りはデビュー作だけが未入手となりました(それ以前にも音源はあるらしいけど?)。この人の作品が悪かろうはずもなく。これも聴き込むほどに味わいを増す作品のはず。日本での認知度の低さは悲しくなってしまいますね。ライヴもきっと良いだろうし、いつかは見てみたいもんです。

B デビュー作。Weezer〜The Rentalsと遡る形でこのバンドの2作目を入手してあるんだけど、そんなに記憶に残るような作品じゃなかったかな。聴き込み不足かも知れませんが。このデビュー作は品薄になってるようなので、見つけた時に買ってしまうべきとの判断で。メンバーのその後のソロ作品も少し気になります。

C このバンドのポップ・センスの高さはヒットしたシングル曲などで知ってはいたけれど、再発盤が何種類もあって、どれを買ったもんかと迷っていたんだけども、結局は正解がある訳でもなく。とにかく、聴いてみないと始まりませんからね。ちなみに、再結成後の2作(ColinとRodの連名の作品も含む)は何かが足りないような印象でしたね。時を置いて聴けば、また違った響き方をするかも知れませんが。

D 方々で話題になっていたものの、これまではノー・チェック。これが3作目でしょうか。過去の作品はちょっと入手困難になってしまっているようですね。一部のショップでは入手できるようなので、これを気に入れば、早めにゲットしておかなくては。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日の収穫 2006/04/20

2006/04/20 23:20
画像今日の収穫・・・CD。

@ Squeeze / Some Fantastic Place (1993)
A Dion / Inside Job/Only Jesus (1980/1978/2003)
B スピッツ / ハヤブサ (2000) [pic]

価格(税込)・・・@500円、A1250円、B1590円。
状態等・・・@は中古、ABは新古。@Aは輸入盤、Bは国内盤。

@ じわじわと買い揃えているSqueezeのアルバム。これは中古ショップでも見かける事の多い作品ですね。一定水準のクオリティは保証されたも同然なので、私のツボにはまるような名曲があるかどうかに期待しつつ聴いてみたいなと。

A 気になっていたDion。Dion & The Belmontsなどとして、50年代後半から活躍していた人ですよね。Dion名義になった60年代初めの頃の曲("Runaround Sue"とか"The Wanderer")を少し知っている程度の認識だったんだけど、70年代ぐらいのシンガー・ソングライターとしての作品も良いらしいとの事で、聴いてみたいと思っていました。2in1での再発が進んでいるようで、他の作品も購入予定に入ってます。

B 私が聴く数少ない日本のバンドです。聴くようになったきっかけとか、まぁ〜、色々とあるんですけど。ここでは書かない事にしましょう。やはり、良い曲がいっぱいなんですよね・・・ このアルバムは持っていなかったので、購入。どんな感じなんでしょ?

CD購入の回数が増えているように思われる方がいるかも知れませんが、気のせいですので、ご安心を?
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


今日の収穫 2006/04/14

2006/04/14 23:20
画像今日の収穫・・・CD。

@ Robert Earl Keen / Walking Distance (1998)
A Julian Lennon / Photograph Smile (1998) [pic]

価格(税込)・・・@200円、A1660円。
状態等・・・@は中古、輸入盤。Aは新古、国内盤。

@ ずっと気になる存在だったものの実際の音を聴けていなかったRobert Earl Keen。Americana系のシンガー・ソングライターでしょうか。想像しているイメージだと、Buddy Millerとかに近い感じ? その筋では最大級の信頼を寄せられている感のあるGurf Morlixが本人との共同プロデューサーとして名を連ねていて、この価格なら買わない手はないでしょう。カントリー寄りのアーティストの作品はクオリティが高くても、こんな値段で売られている事が少なくなくて、ちょっと嬉しい反面、反発感や悲しさも。これも賞味期限の長い良盤のはず。

A いずれ買おうと思いつつ、何年も経っちゃってました。中古市場では値下がりが進んでしまっているようで、もっと安く買えるんだけど、初回限定の特殊パッケージを開封する・・・という過程を経てから聴いてみたいなとの思いで、ここ数年は安価で売られている中古盤を眺めていました。ところで、その後のJulianはどうしているんでしょう? ベスト盤がリリースされた事ぐらいしか知らないんですが。この"Photograph Smile"の評判も良かったように記憶しているんですがねぇ。誰か良い音楽パートナーを見つけて、復帰して欲しいなぁ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


今日の収穫 2006/04/11

2006/04/11 23:00
画像今日の収穫・・・CD。

@ Shannon McNally / Jukebox Sparrows (2002)
A Judie Tzuke / Welcome To The Cruise & Sportscar (1979/1980/2001)
B Roger Joseph Manning Jr. / Solid State Warrior (2006)
C John And Beverley Martyn / Stormbringer! (1970/2006) [pic]

価格(税込)・・・@1250円、A1250円、B2415円、C2141円。
状態等・・・@Aは中古、輸入盤。BCは新品、国内盤。

@ Neal Casalとの共演アルバム(未聴だな・・・)もリリースしているShannon McNallyのデビュー・アルバム。2002年のリリースながら、本国USでは既に廃盤のよう。これまで気になっていたものの、なかなか手を回せずにいました。AMGとかを見る限りだと、私が彼女のファンにならない確率は低そう。3作目(?)を昨年リリース、今年になってライヴ盤(?)をリリースしていますね。

A UKの女性シンガーの79年の1stと80年の2ndのカップリングCD。彼女に関して詳しい事は知らないんだけど、ヒプノシスによるデザインの1stのジャケがず〜っと気になっていたので。しかし、2in1なので、ジャケの魅力は半減以下・・・ とりあえず、じっくりと聴いてみようかと。

B 潜伏期間完了のようで、やっと我々の前に戻って来てくれました。Fuji Rockにもやって来るようで、見られる人が羨ましいです。ネットでの評判を見る限りだと、本作の出来もすこぶる良さそうで、当然ながら最大級の期待をしています。

C これもずっと気になっていた作品。Glasgow出身のJohn Martynが妻となったBeverleyと共にWoodstockに渡って制作したアルバム(私が買ったのは、リマスター&ボーナス・トラック収録の紙ジャケ盤)。The BandのLevon Helmなども参加しているみたい。UKとUSの音楽がブレンドされた傑作として知られているようです。聴く前から好きになったような気分?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日の収穫 2005/12/13

2005/12/13 23:40
画像今日の収穫・・・CD。

@ Squeeze / Argybargy (1980)
A Haugaard & Høirup / Gæstebud (2005) [pic]

あぁ・・・ 色々と書いた後に一旦保存しようとしたら、エラ〜が発生しても〜たぁ・・・ 文章が消えてしまったのね。今夜はもう書く気力がないなぁ・・・ とにかく、彼らのライヴはやっぱり素晴らしかった!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
今日の収穫 2005/11/27
今日の収穫 2005/11/27 今日の収穫・・・CD。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/27 23:20
今日の収穫 2005/10/16
今日の収穫 2005/10/16 今日の収穫・・・CD。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/16 23:20
今日の収穫 2005/09/12
今日の収穫 2005/09/12 今日の収穫・・・CD。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/12 23:20
今日の収穫 2005/08/14
今日の収穫 2005/08/14 今日の収穫・・・CD。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/14 23:00
今日の収穫 2005/07/24
今日の収穫 2005/07/24 今日の収穫・・・CD。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/07/24 23:20
今日の収穫 2005/07/19
今日の収穫 2005/07/19 今日の収穫・・・CD。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/19 23:00
今日の収穫 2005/07/05
今日の収穫 2005/07/05 今日の収穫・・・CD。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/05 22:40

トップへ | みんなの「Shopping」ブログ

Author Unknown Shoppingのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる