Author Unknown

アクセスカウンタ

zoom RSS そこから?

<<   作成日時 : 2012/12/31 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

低空飛行を続けているうちに、何だか師走に。
低空飛行は今に限った事ではないのですが。
まあ、でも、体調は良い感じだし、それだけでもありがたいと思うのですが。

で、そんな中ですが、音楽と共にある生活なのは変わりなく。
パワー・ポップ関連を中心に、旧譜を入手する事が多かった昨今で、聴く盤もそちら方面が中心だった感じ。
なので、今年の新譜はそんなに聴けていないんですよね。
年末年始、音楽バカな人々の間での恒例行事たるベスト・アルバム選びというのがある訳ですが、過去2年、音楽バカ業界の端くれという地位にありながら、その任を果たせていないので、2012年分は何とか形あるものをここにアップしたいんですけども。
以前もそうだったように、発表の時期を遅らせれば、何とかなりそうかなというのが、現時点での感触。
旧譜については、選考対象も多くて、そんなに苦労しなくても良さそうではあるんだけど。
まあ、そんな感じなので、まずは『バカ』な皆さんのベストを拝見させてもらう事になりそう?
その後で、こちらの『バカ』っぷりをお伝えできれば良いのですが。
何度も『バカ』と書きましたが、関西人は『アホ』という言葉には寛容ですが、『バカ』という言葉への反応は人それぞれなので、気をつけなくてはいけません。
関西以外の人がどうなのかは分からないので、気を悪くしている人もいそうですが、意外と何とかなるもんだとの楽観志向で突破してみましょうか。
何を書いているのか、ちょっと分かりませんが。

この流れだと、旧譜のどれかについて書くべきかなとも思うんだけど、少し前に初聴きした新譜について。
Bill Fayの"Life Is People"です。
もう何ヶ月も前になりますが、BBCのニュース番組でこの作品の事が取り上げられていて、その時は途中から聴いていたので、かかっていた曲が良いなと思っていたんだけど、誰の曲なのか分からなくて、もぞもぞした思いをしていたら、『Bill Fay』とかいう発音の名前で紹介されたのです。
まあ、きちんと聞き取れたのかどうか、怪しかったのだけど。
取り敢えず、それっぽい感じでメモをして、出勤したはず。
で、経緯は覚えていないけど、それなりに苦労をして調べた結果、Bill Fayという人である事を確認し、確かに新作が出ているし、番組内で言われていた通り、久しぶりの作品だったのです。
さらに言うと、彼の過去の作品の内、"Time Of The Last Persecution"については、ジャケットに見覚えがありました。
どこで目にしていたのかは知りませんが。
名前についても、少し知っていたような気もしなくはないけど、都合よく編成し直された記憶だとも思え、今となっては何とも言えませんね・・・って、大丈夫か、この脳は?
で、実際にアルバムに耳を傾けてみると、うん、これは良い。
聴き始めたとこなので、本当の良さが分かったとは思わないけども。
実を言うと、これを買う前に、入手しづらそうな編集盤らしきものを発注しておったのですが、そちらは同時発注の他の盤が未入荷で、まだ発送されておりません。
まあ、未入荷の盤もBill Fayの作品であったりするんですが。
普通に言えば、そのような編集盤の前にオリジナル作品を入手するべきなんでしょうが、そちらは急がなくても大丈夫そうだったもんで。
最初の方に『何ヶ月も前』と書いている通り、この作品を買うまでにもそれなりの時間が経過していた訳で、入手する際に変なファクターが作用しているのは間違いないですね。
そんな久々の新作ですが、Wilcoが少し噛んでいるようで(Wilcoの曲のカヴァーもありますし)、その辺りで気になるような人には聴いてみて欲しいもんです。

以上、1週間ぐらい前に書いておったものを少し手直ししてのアップになります。
選挙関連で書いていた文章は削除しちゃいました。
少し冷静になったし、様子を見るのが良さそうな感じだし?

で、冒頭では、師走になったような事を書いているけど、もう大晦日ですよね。
程なくして、2013年に。
90年代の中頃は音楽との距離が離れていた時期だったんだけど、1998年の中頃に音楽生活に復帰。
以来、多少の波はあったものの、普通の人とは比べものにならないぐらいに音楽に傾注して過ごしてきたはず。
まあ、部屋を見渡せば、一目瞭然なんですが。
しかし、それぞれの作品にきちんと向き合えていたかとなると、心許ない部分もある訳で。
1998年から数えて15年目という、ある意味での節目になる年かなとも思うので、自分と音楽のあり方を今一度考える年にしたいなと考えていたりします。
まあ、現時点では、具体的にどうしようという事は特に考えていなくて、まずは部屋の整理をして、どこにどのCDがあるのかはっきりさせるという、何とも悲しい初期段階からのスタートになりますね。
おいおい、そこからかい・・・っていう感じですが、枚数が増えたら、そうなってきませんか?

では、2012年も迷いの中で暮れて行ってしまう私とそのblogですが、来年もよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます。
ブログ再開されていて都度読みに来てましたよ。
パワーポップ耳になっていて嬉しい限りです。年齢を重ねるごとに縁遠くなるジャンルではありますから。歳くってもパワーポップを聴き続けている人は僕も含めちょっと異常なのかもしれません。バカ(笑)?

同類として今年もヨロシクお願いします!
pleasegotme
URL
2013/01/03 11:47
明けましておめでとうございます。

毎年、年初のあいさつをいただいていて、今年こそこちらからと思って、下書きをしていたんだけど、いつもと違う生活のリズムに飲み込まれ、ぐだぐだになってしまい・・・
ここ何度かの記事で書いた通り、パワー・ポップ関連の作品をよく聴いている感じなので、昨年は『音の網』にはかなりお世話になりましたよ。
すごいサイトだとは思っていたけど、その底力を改めて思い知りました。
いや、大げさに書いている訳ではなく。
これまでも情報発信を続けてこられていたし、昨年はそのペースも確実に上がっていましたよね。
中古盤屋で出会った謎の盤について検索した際に、『音の網』がヒットする事も何度かあったようにも記憶していますし。

パワー・ポップとは適度に距離を置いてきたとも言えるので、新鮮に感じられる部分があったんでしょうか。
今の熱っぽさがそのまま継続するとは思っていないけど、付いたり離れたりっていう振幅は多少あるにしても、今後もパワー・ポップを聴き続けたいですね。
歳を取るにつれて志向が変化するのは必然かなとも思うけど、そういうのを経ても聴き続けているっていう事は、自分に必要なものを見つけられている訳で、とても幸せな状態のはずですよね。
そういう意味でも、pleasegotmeさんはかなりの幸せ者でしょうか。
その辺りを鑑みても、『バカ』という称号、簡単には得られるものではないと思うのです。

何だか文章をこねくり回してしまったような気もしますが、いつもの事と思ってやって下さい。
そんな訳で、こちらこそ、今年もよろしくお願いしますよ!
Melody
2013/01/05 20:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
そこから? Author Unknown/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる