Author Unknown

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々の音盤 2009/06 [6]

<<   作成日時 : 2009/09/20 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/26 - 2009/06/30

Clarkesville / The Half Chapter
Barry Dransfield / S.T.
Justin Townes Earle / The Good Life
Justin Townes Earle / Midnight At The Movies
Grass-Show / Something Smells Good In Stinkville
Joe Henry / Scar
Ben Kweller / Changing Horses
Rhett Miller / S.T.
Solas / The Hour Before Dawn
Strawbs / From The Witchwood
Teenage Fanclub / Songs From Northern Britain
Zumpano / Look What The Rookie Did

どれが初聴きだったんでしょうね。覚えていないので、軽く調べてみると、Justin Townes Earleの"Midnight At The Movies"とJoe Henryの"Scar"のようです。

EPを経てリリースされた2008年のデビュー・アルバム"The Good Life"に続いて、Justin Townes Earleの新作は短い間隔でのリリースとなりました。前作に続いて、収録時間は短くて、一気に聴かせます。その前作はやや地味かなと思えるぐらいに真っ当なアメリカーナで統一されているような印象でしたが、新作では曲調も多彩になり、何だか別の人のアルバムを聴いているような気がしてしまいます。まあ、コアの部分では大きな変化はしていないのかも知れないけれど。ちょっと見誤っていたかなぁ・・・ 個人的には、新作の方が断然に魅力ありで、今後への期待は高まるばかり。もう一段階踏み進んで行ってしまう前に、何とか来日してくれないもんでしょうかねぇ。

Joe Henryに関しては、90年代前半のアルバムが好きで、その中でも、1993年の"Kindness Of The World"は素晴らしい作品なのです。近年はプロデューサーとしての活躍も目立つJoe Henryですが、この"Kindness Of The World"を聴いていると、ソングライターとして、さらには、シンガーとしても実に魅力的な資質の持ち主だと思えるんですよね。この後の2作で徐々にその魅力が薄れてしまったように感じていたので、ちょっと疎遠になっていたのだけど、2001年作の"Scar"の中古盤が格安で売られており、入手してみたのです。すると、以前とは違うかなと思えるものの、何だか妙に良い。まあ、もうちょっと聴き込みが必要ではありますが。タイミング良く新作もリリースされたので、そちらも入手済み。気に入るようなら、その間の作品も聴く事になりますね。静かに話題になっていた近況が理解できたような気がした・・・っていうのが、"Scar"を聴いての率直な感想。やはり、貴重な才能を持った人だと思った次第。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。僕は『Scar』から入りました。オーネット・コールマン参加云々を読んだのがきっかけだったかと。それが気に入って過去盤を一気に集めたので、そのアルバムがどんな内容だか全然区別がついていません。我ながら勿体無い聴き方をしているなあと反省です。これをきっかけにまた一枚ずつ聴き直してみます。
yas
2009/09/21 00:40
yasさん、こんばんは。

Joe Henry、"Scar"辺りからの方が注目度は上がっていたような印象もありますね。
私の場合、1999〜2000年頃に後追いで、それまでの近4作を短期間の間に入手していたはず。
で、気に入ったのが、1992年の4作目"Short Man's Room"と1993年の5作目"Kindness Of The World"。
この2作が良いなと思ってしまうと、それ以外の作品への目の向け方が知らず知らずの内に厳しくなっていた可能性も。
そんな感じで、彼の作品を聴きたいなと思うと、この2作、取り分け、"Kindness Of The World"を聴いていたような気がします。
そういう訳で、もったいない聴き方をしているのは、こちらも同様かなと。
そう気付かせてくれたyasさんのコメントであり、"Scar"であったかと思うのです。
まあ、幾多のアーティストやバンドがあり、程度の差こそあれ、それなりのペースで作品がリリースされますからね。
色々と抱え込んでいる身では、こういう事も起こってしまいますよね。
Melody
2009/09/22 23:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日々の音盤 2009/06 [6] Author Unknown/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる