Author Unknown

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々の音盤 2009/06 [4]

<<   作成日時 : 2009/08/29 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/16 - 2009/06/20

Vashti Bunyan / Just Another Diamond Day
Martin Carthy / S.T.
Fleet Foxes / S.T.
Al Green / Greatest Hits
Peter Holsapple & Chris Stamey / Here And Now
Ben Kweller / Changing Horses
Mark Olson & Gary Louris / Ready For The Flood
Spirogyra / Bells, Boots And Shambles
The Storys / Town Beyond The Trees*
The Tories / Wonderful Life
Kyle Vincent / Solitary Road
Kyle Vincent / Where You Are

更新が滞ってしまいましたね。6月って、いつの話だっていう感じですが。遅れを取り戻すために、コメントを付けずに、リストだけをアップするぐらいの事をした方が良いかも。

Martin Carthyの"Martin Carthy"は1965年リリースのデビュー作。日本ではあまり語られる機会の多くない人だと思うけど、ブリティッシュ・フォーク関連の書籍によると、彼こそがこの界隈における最重要人物だとの事で、当然ながら、私としては耳を傾けなくてはならない存在なのです。ブリティッシュ・フォークと言っても、確たる定義がある訳でもなく、トラッド・ミュージックを掘り下げていく人もあれば、そこにロック的な解釈を加える人もあるし、アメリカのフォーク・ミュージックやルーツ・ロックからの影響を色濃く感じさせる人もいるし、当然ながら、これらを複合的に混在させたスタイルもあり、こういった要素とはかけ離れていると思える人もいて、何が何だか分かりませんよ。しかも、この時期にはUSとUK間での相互作用が活発だった時期のようで、さらに混沌としているように感じてしまいます。まあ、その辺りが面白くもあると言えそうだけど。

前置きが長くなりましたが、Martin Carthyのデビュー作に戻りましょう。収録曲のほとんどはトラッドのようで、その歌い方もトラッドの伝統に根ざしたもののように感じられます(実際にそうなのかは分かりませんが)。演奏はシンプルで、無伴奏のものもあり、軽い気持ちで聴いてみようという姿勢で挑むと、あっけなく跳ね返されてしまうような芯の強さを内在していますね。"Scarborough Fair"を収録している点から分かるように、Simon & Garfunkelへも影響を及ぼしているようでもあるし(確か、Paul Simonが英国滞在時に知ったんでしたっけ?)、Bob Dylanも彼の影響下にあるような文章を見かけた記憶もあります。もちろん、"Scarborough Fair"もトラッド・チューンです。

で、実際に聴いていると、正直に言って、やや疲れるような感じでしょうか。まあ、でも、おなじみの"Scarborough Fair"を始めとして、作品全体から感じられる存在感は揺るぎないものであるように感じられるし、この質感はこれまでに体感した事のないもののようにも思えます。これ以降のシーンに与えた影響の度合いとか、まあ、その辺りは、彼自身の後の作品も含めて、さらにこの界隈を聴き進めた上で、自分なりに感じ取れれば良いかな。

Spirogyraの"Bells, Boots And Shambles"は1973年にリリースの3作目。後にDave Stewart(Eurythmicsの人ではありません)とコンビを組むBarbara Gaskinをヴォーカルに擁したバンド(Martin Cockerhamがメインでヴォーカルを執る曲もあるし、双方のヴォーカルが絡んだりも)。彼らの作品を聴くのは、これが初めて。ブリティッシュ・フォーク界隈では名盤とされる作品らしく、改まった気分で聴いてみた次第ですが、確かに良い内容ですね。神秘的な曲もあり、それっぽい雰囲気を感じさせたりもしますが、普通にポップ・ミュージックが好きな人にも親しみやすそうな側面も備えていて、もっと幅広く聴かれるべき作品なんじゃないでしょうか。今の耳にも新鮮に響き、35年以上も前の作品とは思えない。これ以前の作品も聴いてみます。

The Storysの"Town Beyond The Trees"はNapで聴いてみたんですが、その後、あっさりと音源がなくなってしまい、印象があやふやなまま。音の方向性としては良さそうだったので、CDで入手するしかなさそう。Nap、意外と音の出入りが激しそうな気がします。気になる音源はダウンロードして、手元に確保しておくべきか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日々の音盤 2009/06 [4] Author Unknown/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる