Author Unknown

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々の音盤 2009/06 [3]

<<   作成日時 : 2009/08/10 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/11 - 2009/06/15

Beachwood Sparks / Once We Were Trees
Chicago Transit Authority / S.T.
The Connells / Ring
The dB's / Stands For deciBels/Repercussion
Peter Holsapple & Chris Stamey / Mavericks
Peter Holsapple & Chris Stamey / Here And Now
Mando Diao / Hurricane Bar
Maritime / Glass Floor
Rhett Miller / The Believer
Rhett Miller / S.T.
Norrin Radd / Where She Danced
Soul Asylum / The Silver Lining

ex-The dB'sの2人、Peter Holsapple & Chris Stameyの"Here And Now"。前回の共演盤"Mavericks"が1991年のリリースだったので、18年ぶりぐらいになりましょうか。その間、それぞれにソロやバンドでの活動、プロデュース業などをこなしてきて、地道ながらも存在感を示してくれていました。もちろん、その全てをチェックしていた訳ではないし、そんなに熱心なファンという訳でもありませんが、彼らの活動スタイルには共感を覚えるし、前作の"Mavericks"は良い作品だったので、今回の久々の共演はとても嬉しく感じられたのです。

そして、実際に聴いてみると、18年の時の経過を感じさせないような、あの頃に奏でていた音の確かな延長線上にある、良質のポップ・ミュージックがしっかりと詰まったアルバムになっていて、思わず表情も和らいでしまうと共に、いくつかの曲では涙腺が緩みそうになってしまいます。もう少し枯れた音になっているかと想像していたけど、そんな事はなくて、今が最盛期と思わせるような充実感を漂わせています。質感をうまく表現できないのだけど、これは得がたい魅力に溢れていて、長く聴き続けられそうなアルバムですよ。上半期に聴いた新作の中では、最高の評価を与えたい作品ですね。

Rhett Millerの"Rhett Miller"はバンドでのデビュー前にリリースされていたソロ作品を含めると、4作目ですね。まあ、幻のソロ・デビュー作はほとんど誰も聴いた事がなさそうなので、3作目とするのが大半の見解のようですけどね(以前に、eBayで出品されていて、応札したんだけど、タイム・アップになる前に出品がキャンセルになった事があったのです。まあ、仮にキャンセルにならずとも、競り落とせていた確率は低かったかもですが)。

さて、新作の話に戻りましょう。セルフ・タイトルになっている事もあり、いつも以上に作品への自信を持ってのリリースだと受け取って良いはず。ポップに弾けていた"The Instigator"、豪華ゲスト陣を迎えて、ちょっと余所行きの佇まいのようなものを感じさせた"The Believer"。今になって振り返ると、過去の2作はそんな印象があります。"The Instigator"は大好きなアルバムだっただけに(今でも大好きですけど)、"The Believer"は初めのうちは馴染めないとこがあったものの、気が付いてみると、良い作品だと感じられるようになっていました。そんな過去の作品に比べると、最も彼の資質を率直に表したような作品になっているかなというのが、現時点での印象。かつてのポップな曲が恋しくもあるけど、このシンプルなスタイルも悪くない・・・って言うか、なかなかに良い。再来日ライヴへの期待を高められてしまうような、そんなアルバムです。クアトロでのライヴ、もう6年以上も前になるんですねぇ・・・

ChicagoがChicago Transit Authority名義で出していたデビュー盤も初聴きでしたが、2作目以降の作品もいくつか入手しているので、他の作品を聴いたりして、もう少し消化した上で、コメントします(忘れていなければ・・・の条件付きですが)。

7日から夏休みに入り、少しのんびりしております。どこかに出かけるとか、特に予定もなく、未聴CDが溜まりまくりなので、音楽漬けの毎日になりそう。未読の本も多いし、そちらもできるだけ片付けてしまいたい。まあ、他にもやっておくべき事は色々とありそうですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日々の音盤 2009/06 [3] Author Unknown/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる