Author Unknown

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々の音盤 2009/04 [6]

<<   作成日時 : 2009/05/31 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/26 - 2009/04/30

Amazing Blondel / Evensong/Fantasia Lindum
Neal Casal / Roots & Wings
Sandy Denny / The North Star Grassman And The Ravens
Sandy Denny / Sandy
Dixie Chicks / Taking The Long Way
Fairport Convention / What We Did On Our Holidays
Hal / S.T.
The Hooters / Time Stand Still
Ronnie Lane / How Come
Ralph McTell / Streets ...
Jeremy Messersmith / The Silver City*
Whiskeytown / Strangers Almanac

Sandy Dennyの"Sandy"は1972年リリースで、ソロでの2作目。ブリティッシュ・フォークという枠に留まらず、英国を代表するシンガーであり、ソングライターでもあったので、ファンも多いのでしょうし、それぞれの作品に対しての評価も色々とあるようなのですが、この作品が彼女の代表作とされる事が多いようです。前作に比べると、全体的に明るく華やかになり、聴きやすくなったという印象。彼女の作品中で最もポップな仕上がりと思われる"Listen, Listen"も入っていますしね(まだ聴いていないアルバムがあるので、推測込みですけど)。まあ、まだ聴き込み不足でもあり、気付けていない部分も多そうです。

そのSandy Dennyのソロ・デビュー作"The North Star Grassman And The Ravens"、こちらも聴き込んでくるに連れて、微妙な起伏を描くメロディや存在感がありまくりのヴォーカルへの愛着度が随分と増してまいりました。はっきり言って、私の表現力ではこの素晴らしさを的確に伝えるのは無理で、文章をいくつか書いては消し・・・の繰り返しです。2作目もほぼ同様なのですが、実際に聴いてみるのが一番でしょうね。ソロにおいても、Fairport Conventionの作品でも、Bob Dylanのカヴァー曲が重要なレパートリーになっていて、これが色々な意味で興味深いと同時に、その出来が良いとかという当たり前の言葉で表現するのをためらわせるほどに曲がなじんでいるんですよね。その辺りに関しては、周辺の音楽をもっと聴き進めてみた上で分かってくる事もあるのかなと思ったりしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日々の音盤 2009/04 [6] Author Unknown/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる